« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 司法書士が定款の作成等を代理することについて »

2006年1月13日 (金)

筆界特定制度

平成18年1月20日から、筆界特定制度が施行されます。
筆界特定制度とは、所有者等の申請により土地の区画・範囲である筆界を登記官が明らかにする(法務局が解決してくれる)という制度です。
今までは、土地の区画や境界線について争いがある場合は、境界確定訴訟という裁判手続で確定していました。
しかし、隣同士で裁判という争いになることや、登記や法務局と連携がなく専門家ではない裁判官や当事者が手続きをすること、時間・費用等で、問題がありました。
そこで、新たに、専門家である筆界調査委員の調査・意見をふまえ、法務局の筆界特定登記官が筆界を特定するという制度ができたのです。
これにより、迅速で適正な筆界の特定がなされることとなります。
なお、従来どおり確定訴訟によることも可能です。

相続不動産の境界問題についてはこちら

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 司法書士が定款の作成等を代理することについて »

1.おしらせ」カテゴリの記事

4.不動産登記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160132/8139809

この記事へのトラックバック一覧です: 筆界特定制度:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 司法書士が定款の作成等を代理することについて »