« 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(法人法)施行による、各法人への影響・必要となる手続等 その1 | トップページ | 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(法人法)施行による、各法人への影響・必要となる手続等 その2 »

2008年11月 1日 (土)

忘れていませんか?会社の登記 その4 役員の退職や死亡

忘れていませんか?会社の登記 その4

  忘れていませんか?会社の登記    

その4 役員の退職や死亡

会社の役員に変更があった場合、その変更の登記が必要(2週間以内)となります。
役員が会社を退職した場合には、辞任や退任の登記をすることとなります。また、役員に不幸があった時も死亡の登記をする必要があります。
しかし、これらの原因による変更は任期とは無関係な時期に生じるので、登記を忘れてしまっている例が見受けられます。特に、任期の定めがなく定期的に役員変更を行う事がない有限会社では、そのままになっている事が多いようです。

これを機に、その1その2その3も含め、会社役員の任期や住所等について確認してみてはいかがでしょうか。
これらを確認をすることで、次はいつどのような登記をすべきかもわかります。

もし忘れてしまっていたことに気づいた場合には、できるだけ早く登記手続を進めて下さい。
もちろん当事務所においてもご相談ご依頼を承ります。

相談・見積 受付中 お気軽にお問い合わせください。→ メールでお問い合わせ

前原事務所 | 東京都中野区中野の司法書士・行政書士
前原司法書士事務所 前原行政書士事務所
相続手続ドットコム 債務過払ドットコム

 会社法 役員変更

|

« 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(法人法)施行による、各法人への影響・必要となる手続等 その1 | トップページ | 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(法人法)施行による、各法人への影響・必要となる手続等 その2 »

5.商業登記・法人登記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160132/42974457

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れていませんか?会社の登記 その4 役員の退職や死亡:

« 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(法人法)施行による、各法人への影響・必要となる手続等 その1 | トップページ | 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(法人法)施行による、各法人への影響・必要となる手続等 その2 »