« 過払金返還請求権の消滅時効についての最高裁判例 | トップページ | 不動産任意売却促進法 »

2009年3月 6日 (金)

過払金返還請求権の消滅時効は取引終了時から進行~最高裁判例

本日、最高裁で、過払金返還請求権の消滅時効は取引終了時から進行するとの判決が出ました。
これは3月3日の判決と同様であり、判決の中では「最高裁平成20年(受)第468号同21年1月22日第一小法廷判決・裁判所時報1476号2頁参照」として以前の判決が引用されていて、過払金返還請求権の消滅時効は、原則として取引終了時から進行するということで、判例として確立されたといえるでしょう。

詳細は、以下もご覧下さい。

最高裁判例
平成20(受)1170 不当利得返還請求事件  
平成21年03月06日 最高裁判所第二小法廷 判決
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090306135936.pdf

|

« 過払金返還請求権の消滅時効についての最高裁判例 | トップページ | 不動産任意売却促進法 »

3.債務整理・過払い金」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160132/44262316

この記事へのトラックバック一覧です: 過払金返還請求権の消滅時効は取引終了時から進行~最高裁判例:

« 過払金返還請求権の消滅時効についての最高裁判例 | トップページ | 不動産任意売却促進法 »