« 東京司法書士会の平成21年定時総会 | トップページ | 株式会社SFコーポレーション(三和ファイナンス)に対する破産申立の棄却 »

2009年6月23日 (火)

自筆の遺言と遺言無効確認訴訟

詳細な情報を持ち合わせてはいないのですが、報道等によると、ある訴訟において遺言が有効か無効かが争われて、1通の遺言の有効無効について、最高裁の判断が分かれたようです。同じ1通の遺言書について、ある裁判では本物とされ、ある裁判では偽物とされたようなのです。
私が、遺言が有効か無効か、遺言書が本物なのかどうかといったことを、安易に判断することは出来ません。
ただ、この遺言書が自筆証書遺言であったことや、作成時にご本人が要介護状態であった事が、紛争の原因のひとつであったようにもみえます。
当事務所でも、遺言書作成のご相談を受ける事がありますが、残される方たちへご本人の思いをきちんと伝えるためにも、公正証書によって、元気なうちに作成することをお勧めしています。
また、遺言に基づく相続手続・遺産整理や相続登記、相続・遺言に関連する商業登記のご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

一澤帆布相続訴訟 遺言書の無効確定、3男の妻の勝訴が確定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000624-san-soci

京のかばん店「一澤帆布」相続訴訟、三男側の勝訴確定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00001006-yom-soci

一澤帆布相続訴訟で3男会見「判決にほっとした」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000541-san-bus_all

前原事務所 | 東京都中野区中野の司法書士・行政書士
前原司法書士事務所 前原行政書士事務所
相続手続ドットコム 債務過払ドットコム

遺言について

|

« 東京司法書士会の平成21年定時総会 | トップページ | 株式会社SFコーポレーション(三和ファイナンス)に対する破産申立の棄却 »

2.相続・遺言・贈与」カテゴリの記事

4.不動産登記」カテゴリの記事

5.商業登記・法人登記」カテゴリの記事

6.司法書士業務」カテゴリの記事

7.土地家屋調査士業務」カテゴリの記事

8.行政書士業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160132/45434414

この記事へのトラックバック一覧です: 自筆の遺言と遺言無効確認訴訟:

« 東京司法書士会の平成21年定時総会 | トップページ | 株式会社SFコーポレーション(三和ファイナンス)に対する破産申立の棄却 »