« 過払金返還請求についての「契約見直し」「コード71」の廃止 | トップページ | 改正貸金業法の施行 »

2010年3月30日 (火)

債務整理・過払金請求 よくあるご質問とその回答 その1

最近、債務整理や過払金請求について、電話やメールにて、お問い合わせの数が増えてきています。
6月に予定されている総量規制導入の影響で、新規借入ができなくなる方が増える(債務整理をすべき方が増える)との情報もあります。

そこで、あらためて、よくあるご質問とその回答を記載しますのでご参考になさってください。

Q1.相談や依頼をするときは、何を用意すればいいですか?
A1.債務の状況等をお伺いしますので、カードや明細書、郵便物、領収書・契約書等のお手元にある資料をご用意ください。
ATMで残高照会をしていただくと最新の状態がわかります。
ご依頼の際に使用する、本人確認資料や認印をお持ちいただけると、手続きがスムーズに進みます。
なお、初回相談は無料です。

Q2.相談や依頼は、電話やメールだけでも大丈夫ですか?
A2.当事務所では、依頼を受ける司法書士本人が直接面談し、相談をしたうえで、ご依頼人様に納得していただいてから、正式にご依頼を受任しております。
特別な事情がない限り、電話やメールだけでは受任することができませんのでご了承ください。
なお、電話やメールによる問い合わせは随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q3.相談や依頼をするためには、お金をいくら用意すればいいのですか?いつ払えばいいのですか?
A3.初回相談は無料ですので、まずはご相談ください。
正式なご依頼の際には、当事務所では、前受金として1万円を申し受けています。
何社であっても、どんな手続きでも、1万円となります。ご依頼の際には、1万円をご用意ください。
その他の報酬等は、積立や過払金からのお支払いによる後払い・分割払いが可能です。
積立は、無理のない金額を設定し、給料日後の月末等に毎月1回行っていただきます。
なお、正式にご依頼いただいた場合は、業者からの請求は止まり、支払も止めていただきます。
今まで返済していた分を積立に回すことになりますので、無理なく積立ができるかと思います。
費用の詳細は、相談の際にもご説明いたします。

お悩みのことはたくさんあろうかと思いますが、問題解決に向けて、まずは、できるだけ早くご相談ください。
また、分からないこと不安なことがございましたら、何なりとお尋ねください。

前原司法書士事務所
 債務過払ドットコム

|

« 過払金返還請求についての「契約見直し」「コード71」の廃止 | トップページ | 改正貸金業法の施行 »

3.債務整理・過払い金」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160132/47948339

この記事へのトラックバック一覧です: 債務整理・過払金請求 よくあるご質問とその回答 その1:

« 過払金返還請求についての「契約見直し」「コード71」の廃止 | トップページ | 改正貸金業法の施行 »